初盆を迎えられる方へ

初盆の対象

おおまかには、前年8月〜本年7月の間に亡くなられた方が対象になります。

(7月に亡くなられお盆の時点で49日を迎えていない場合、初盆を翌年にすることもあります。)

初盆の迎え方(宗派、各地域の風習などにより違いがあります)

8月1日の灯籠はじめ(とぼしはじめ)までに灯籠を飾り、灯りをともし、盆棚(精霊棚しょうろうだな)を設置し飾り付けをします。お菓子、お茶、お水、お花(シキビ)などを備え、お線香やローソクを長ける様に準備します。

↓

8月1日の夕方に自宅の庭先や玄関先で麻木あさぎなどを使用し、迎え火を炊いて先祖の霊を迎え入れます。(地域によっては通常のお盆と同じに8月13日の夕方迎え火を炊くところもあります)

↓

8月13〜15日の3日間は、御霊具膳、お菓子、果物、野菜(きゅうりやなすび)などをお供えします。8月15日の夕方には再び先祖の霊を浄土に無事に送れる様に庭先や玄関先で送り火を炊いてお送りします。

↓

8月下旬には檀家の寺院や地域の川原や浜などで盆灯籠を燃やして供養します。(以前は墓地で燃やすことも多く見られましたが、火事の心配などにより近年は少なくなっているようです。)地域により燃やす場所は異なります。

盆灯籠について

お盆には故人やご先祖達が迷わず帰ってこられる様にと盆灯籠や提灯を自宅に灯し飾る慣わしがあります。

初盆を迎える家庭では盆灯籠を飾ります。この灯籠はお盆は終わって8月下旬頃燃やして供養します。(寺院の場合、燃やす日が決まっていますので菩提寺に追い合わせ確認しておくと良いでしょう。)

弊社で各種盆灯籠を取り扱っております。受注生産商品ですのでお早めにご注文をお願いします。(配達は7月中頃〜7月末日を中心に行い、無料で設置させていただいております。)

お申し込みはこちらまで

八幡浜本部(八幡浜/大洲/西予方面)0894-24-4166
宇和島本部(宇和島/鬼北/愛南方面)0895-27-2800

盆棚(精霊棚しょうろうだな)について(飾り方は地域により多少異なります)

一例

  • 棚の周り(四隅)に笹付きの竹を飾ります。同時に施餓鬼旗せがきばたを飾ります。
  • 上段の棚の奥側にご先祖様や故人の位牌をお飾りします。
    (繰出位牌の中に戒名の書かれた白木の板がご先祖様を含めて複数ある場合は、中から白木の板を取り出し、それぞれの戒名が正面から見える様に並べて飾ります。)
    ※この場合、新しい方が向かって左、古い方が向かって右になる様に並べます。
  • 盆棚には香炉(線香立て)、燭台(ローソク立て)、花立(シキビ立て)、線香、ローソクを用意しておき、ご霊具膳、お茶とお水、菓子、果物、野菜(きゅうりとなすび)、初盆を迎える故人の好物の品などをお供えします。

施餓鬼せがき とは、お盆の時期に行われることが多い仏教行事の一つで、餓鬼(宗派により施食会など別名で呼ぶ場合もあります)とは常に餓えと乾きに苦しんでいる霊や魂のことを言い、そういう者に食物や飲物などの供物を施すことで供養を行う法要行事です。寺院によって日が決まっていますので、菩提寺に確認しておきましょう。文字が書かれた旗は菩提寺よりいただきます。

最近の飾り棚

昔ながらの盆棚(精霊棚)は組み立てに時間がかかり場所をとることもあり、最近では木製の法要祭壇(3段で幅90cmくらいのもの)を飾り盆棚のかわりとするケースも多く見られます。(準備物などは盆棚と基本的には同じです。)

お近くのセレモニーホールでも取扱しておりますので、お問い合わせください。

お申し込みはこちらまで

八幡浜本部(八幡浜/大洲/西予方面)0894-24-4166
セレモニーホール八幡浜0894-24-1122
セレモニーホール保内0894-29-4411
セレモニーホール大洲0893-23-2244
セレモニーホール平野0893-24-3030
セレモニーホール内子0893-44-6444
セレモニーホール西予0894-69-1500
セレモニーホール野村0894-72-1990
宇和島本部(宇和島/鬼北/愛南方面)0895-27-2800
セレモニーホール宇和島0895-27-2211
セレモニーホール吉田0895-52-4441
セレモニーホール津島0895-32-1115
セレモニーホール鬼北0895-20-6611
セレモニーホール南宇和0895-70-1144